[入れ歯]スマイルデンチャー

材質・材料|金具のない入れ歯スマイルデンチャー

FDA認可スーパーポリアミド

スマイルデンチャー材料スーパーポリアミド金具の無い入れ歯スマイルデンチャーはナイロン樹脂系のスーパーポリアミドが原材料です。

スマイルデンチャーの元となるスーパーポリアミドは、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認され、50年も前から欧米を中心とした世界30カ国以上で使用されている安全な素材です。(カリフォルニアに本社を置くTCS社製「アンブレイカブル=(壊せない)」というポリアミド樹脂ブランドを使用しています(※1))

アルミ筒で密閉され、真空パックされて1本ずつ管理番号が付けられています。アルミ筒を開けてみると、中から透明なピンクの粒が出てきます。

これがスーパーポリアミド樹脂。このキレイな粒から、スマイルデンチャーが作られています。

以下の表はスーパーポリアミドとアクリルレジン(※)を比較したものです。

物理的特長 スーパポリアミド アクリルレジン
吸水性(24H) 0.4% 0.4%
ヤング率 150-180 280
張力 8 5-7
圧縮強さ 10.5 8.6
曲げ強さ 8-10 8.5
衝撃強さ 120-150 10.5
燃性 不燃性 可燃性

アクリルレジンとは、主にメタクリル酸エステル類の重合体のことで、歯科材料として使用されています。

(※1)
アンブレイカブルは・・・
※FDA(アメリカ食品医薬品局)認可
※CEマーク(欧州連合加盟国の品質基準・安全基準)取得
※ISO13485:2003(医療機器の品質保証のための国際標準規格)取得。品質・安全性、共に安心していただけます。
詳しくは、《スマイルデンチャーの樹脂素材がTCS社製「アンブレイカブル」に切り替わります。

軽くて強くて薄い。厚さ1.2-1.5mmでもちゃんと噛める│保険入れ歯の2分の1の軽さです

スマイルデンチャーの厚みを測定スマイルデンチャーは従来の保険入れ歯(部分入れ歯)の約2分の1の軽さです。耐衝撃性は15倍。落としても割れません。

 

色はピンク系を使用していますが、床そのものが薄くできる為、ピンク色でも透き通り、歯肉の粘膜面との調和が取れとても自然です。

入れ歯の厚みスマイルデンチャーは薄く、歯肉から床への移行部分が自然なため、一目では入れ歯であると区別がつきにくいのが特徴で、床辺縁でわずか1.2mm-1.5mmの薄さです。 食事にも発音にも審美にもその効果を発揮します。

床部分が透明色だと、白く濁ってしまったり、光に反射して目立ってしまいますが、スマイルデンチャーはピンク色でも透き通り、歯肉の粘膜面との調和が取れているので、とても自然で目立ちません。

透明な入れ歯保険の入れ歯のような金属のクラスプが無いので、食べ物が挟まることも少ないです。

金属クラスプのようにほっぺた側へと飛び出して、ほっぺたの動きを邪魔するような不快感もありません。

柔らかいので、歯肉をマッサージする効果もあるようです

歯科用研磨剤

スマイルデンチャー研磨剤研磨や切削などに使われるビッグポリッシングポイント(シリコンポイント)は日本の東洋製が使用されています(写真中央ケースと左下)

 

研磨剤は(SOKENの名前が入っているもの)日本国内でも歯科技工士に人気の製品です(写真左上・茶色の研磨剤)

 

白い研磨剤(写真右上)は日本の山八が製造しているタイガーマルチという歯科用研磨剤です。とてもきめ細かく美しく仕上がります

作成方法

スマイルデンチャー研磨剤日本国内にて配列、試適、設計いたしました模型を中国に送ります。このとき歯科医院様から株式会社三和デンタルに対して、「輸入代行依頼」を専用書類として頂戴致します。 三和デンタルでは、中国に日本の有資格歯科技工士が常時指導にあたる体制にしておりますので、製品の品質・安全に於いては万全の体制を整えているため、なんらご心配はありません。

 

スマイルデンチャーは中国で徹底した安全管理のもとで製作されておりますが、昨今の中国製品への不安を考慮し、日本国内でもスマイルデンチャーの完成品を分析しております。 結果はすべて合格。安全性は実証されています。 詳しくは「国内安全性検査」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問数 カウンター