[入れ歯]スマイルデンチャー

インプラントと金具のない入れ歯スマイルデンチャーの比較

審美入歯スマイルデンチャーはインプラント用仮義歯にも適しています

インプラント手術をした後、インプラントと歯槽骨が安定するまでの間、仮義歯が必要な場合があります。患者様は入れ歯にしたくないと願ってインプラントをはじめたはずですが、ここでカギがくっきり見える仮義歯を長く使用しなくてはいけないのは精神的にも苦痛です。その点、三和デンタルのスマイルデンチャーは金属カギがなく、見た目に美しく、入れ歯をしていることが外からわかりにくいので、患者様の精神的苦痛も最小限に抑えられます。インプラント大国アメリカでも、ノンクラスプデンチャーをそのように使用することが多いようです。

保険義歯とスマイルデンチャー

金属のカギがくっきり見える通常の入れ歯(左)と、金属カギのないスマイルデンチャー(右)

インプラントを導入している歯科医院さまからのご依頼が増えています。

スマイルデンチャーは、インプラント用仮義歯にも適しています。インプラントを導入している歯科医院さまから、そのようなケースでのスマイルデンチャーのご依頼が増えています。インプラントにできない患者さまや、費用の面で難しい、もしくはふさわしくない症例の場合、スマイルデンチャーをお薦めされると患者様にも喜んで頂けます。尚、スマイルデンチャーは、矯正用には適しません。

インプラント手術

インプラント手術の様子

金具のない入れ歯スマイルデンチャーは手術もなく、インプラントに比べ費用も安価です

スマイルデンチャーは、アメリカ食品医薬局(FDA)でも認可されているナイロン系のポリアミドを材料とした金具のない入れ歯(部分入れ歯)です。歯の部分になる人工歯は、ドイツ・ヘラウス社の製品や、日本・松風のエンデュラなどの一流品を使用しいます。インプラントのような面倒な手術(不安)もありません。また費用の面でもインプラントに比べ安価です。

「入れ歯のエステ」と言われる金具の無い入れ歯スマイルデンチャーは、初めて入れ歯(部分入れ歯)を入れる方や、インプラントにしたいけれど手術が怖い、費用の面で難しい方、欠損している部位の左右の健康な歯を削る(差し歯のブリッジ)では嫌な方、奥歯など保険治療のブリッジでは銀歯が嫌な方、保険義歯(入れ歯)の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方、金属アレルギーの方などの入れ歯としてもとても人気です。とくに見た目を気にされる若い方には、大変喜ばれています。

スマイルデンチャーの登場により、入れ歯は体にもっとも負担をかけずに済む解決法として、再び注目を集めています。

スマイルデンチャー

歯科技工製品各種、料金価格・納期等については、株式会社三和デンタルコールセンターまでお問合せください。尚、患者様からの費用のお問い合わせに対しましては、保険の有無・治療内容の違いなどで、弊社ではお応えいたしかねます。診療に関する料金のご質問は、各歯科医院様へ直接お問い合わせ願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問数 カウンター