【入れ歯・部分入れ歯】

金具のない入れ歯ビフォーアフター

今までの入れ歯(保険入れ歯)とは、こんなに違います

従来のメタルクラスプのような金属バネを使った部分入れ歯(保険入れ歯)は、残った自分の歯に金具(クラスプ)をかけて固定しますが、この金具がお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。

スマイルデンチャーはこのような金具を使っていません。また歯肉に近い透明感のある色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。スマイルデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので、フィット感や舌感が良く、違和感も少なくなります。しかも隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

歯科医院様からのアンケートの結果では、「スマイルデンチャーは、患者様の満足度が非常に高い」との高評価も頂いております。

保険の入れ歯と金具のない入れ歯スマイルデンチャー

こちらの写真は、右上の4番・5番・6番の部分を、保険の入れ歯からスマイルデンチャーに作り変えた症例です。スマイルデンチャーは厚さ1.2-1.5mmです。スマイルデンチャーに交換後(写真右)は、きれいで目立たず、より自然な感じになり、患者様も満足されていました。奥歯に残る保険の金属冠(FCK)も、オールセラミックスなどで白くすると完璧でしょう。

審美入れ歯スマイルデンチャーはこんな方に最適です

  • 保険義歯(入れ歯)の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方
  • 欠損している部位の左右の健康な歯を削る、差し歯のブリッジや従来の入れ歯が嫌な方
  • インプラントによる修復が困難な方・費用を抑えたい(手術が怖い、十分な骨量がない、金額をもっと抑えたいなど)
  • 金属アレルギーの方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問数 カウンター