[入れ歯]スマイルデンチャー

スマイルクラウンとは

スマイルクラウン・グラデーション、それは生活歯に一番優しい被せ物

スマイルクラウン

マージンを歯肉縁下に設定する必要がありません。

スマイルクラウン

(1)マージンを歯肉縁下に設定すると、補綴処置の際に歯肉に触れることが多くなり、歯肉を傷つける危険性が高くなります。 さらに印象採得の時に圧排の必要があり、印象も困難です。
(※通常、圧排という作業をすることで、歯型が非常にきれいに採れるのですが、 痛みが伴うことが多く、麻酔をしてから、あるいは麻酔が効いてるうちに作業を行います。)

(2)補綴物との接合部が縁下になると、現在の技術では余剰セメントの完全除去が困難となり、歯肉の退縮にもつながります。

なぜ歯肉縁下でなくても良いの?

  • 金属を使用している補綴物ではマージンを縁下に設定しないと、支台歯との境目が目立つため縁下が推奨されていました。
  • スマイルクラウン・グラデーションは金属不使用で、補綴物自体に天然歯に似せた色調が付いているため、マージンを歯肉縁に設定しても目立ちません。

最低形成量0.7~1.0㎜

  • これまでの白い被せ物の場合、例えばメタルボンドですと最低1.2~1.5mmは形成されてないと、ポーセレンを盛るスペースがないため天然歯に似た色調を出すことが困難です。
  • スマイルクラウン・グラデーションは、今もっとも信頼されているオールセラミックス製品である「ジルコニア」を材料に使用 し、材料自体に5層の色調が付いているため、支台歯の形成量が最低0.7~1.0mmあれば色調を出すことが可能です。金属のクラウンに近い形成量で白い被せ物が製作可能なため、生活歯へのダメージも最小限に食い止めることが可能です。
  • 隣在歯に似せたい等、より細かい色調をご希望の場合は、追加の外部ステイン加工で、より天然歯に似た色調を出すことが可能です。

スマイルクラウン・グラデーションは患者様にもストレスがなくやさしい

  • 金属不使用(メタルフリー)のためブラックマージンが出ない。
  • 金属に比べると生体親和性が高いため、歯肉退縮がおこりづらい。
  • 熱伝導率が低いため、金属のクラウンに比べるとシミにくい。
  • 削除量が少なく縁上マージンの形成で製作可能なため、治療時間を短くできる。(歯をたくさん削らなくて良い)

スマイルクラウン

【特徴】●5層の色調が付いている。●歯頸部と切端部で曲げ強度が異なり、切端部は硬すぎない為、対合歯の負担が少なく咬合調整がやさしい。

スマイルクラウン・スタンダード

スマイルクラウン

【特徴】●グラデーションに比べ強度が高いため、ロングスパンの症例に対応できる。

追加オプションについて

スマイルクラウン

【追加オプション】※前歯での製作の場合は、以下の追加オプションをお願いしております。

★外部ステイン・・・ステイン(技工士による着色)を施す加工。
★ポーセレン築盛加工・・・陶材を築盛する加工。多彩な色調が再現可能です。通称「ジルコニアボンド」と呼ばれています。

※スマイルクラウンにつきまして、注意事項や禁忌症例など、詳しくは三和デンタル営業部にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問数 カウンター